メニュー

Close

HOME

めまい外来

めまい疾患

めまいの治療方法

基本的には内服薬(血液循環改善剤、自律神経調節剤、安定剤、抗めまい剤、吐き気止め、利尿剤等)による薬物治療です。

めまい発作を繰り返している場合はめまい発作時の治療だけではなく、めまい再発予防目的でしばらくの間は継続した治療が必要です。良性発作性頭位めまい症の場合は理学療法も取り入れられています。

良性発作性頭位めまい症や回転性めまい発作後などに続く軽いめまいの状況では積極的にからだを動かすような運動療法、リハビリ(頭を左右上下に動かす、首を回す、寝たり・起きたり・寝返りといった動作を繰り返す、まっすぐ歩く等)も有効です。

また、めまいは心因的な影響も受けやすかったり、精神的な病気がめまいの原因になることもあります。
精神的な面での治療が必要な場合もありますので、状況に合わせて心療内科や精神科を受診して頂くこともあります。

▲ ページのトップに戻る